研究報告一覧


注意事項

研究項目

逆方向シミュレーション ○ネットワーク基盤に関する研究 ○ネットワークの応用に関する研究 ○汎用通信フォーマットに関する研究

○ファジー・ニューラル・並列処理 ○ガスセンサに関する研究 ○センサアレイ可視化に関する研究 ○その他のセンサ・計測に関する研究 ○その他の研究

著作物の利用に関する注意


注意事項

後ろに*がついている論文のPDF著作物の利用に関する注意を確認した上で閲覧ください


○逆方向シミュレーション


Yukio Hiranaka,    Shinichi Miura,     Toshihiro Taketa

Hybrid backward simulator for determining causal heater state with resolution improvement of measured temperature data through model conformation

ACTA IMEKO, Vol 6, No 1, pp.13-19, 2017.


Yukio Hiranaka, Tetsuya Inafune, Shinichi Miura, Toshihiro Taketa

Backward range simulation of Java bytecodes and reduction of its processing time

Proc. 8th International Conference on Computer Modeling and Simulation (ICCMS2017), 2017.1.21.


加茂亮平 武田利浩 平中幸雄

逆方向シミュレーションによるTCPパケットフローの分析

情報処理学会東北支部平成27年度第7回研究会,資料番号 A3-3, 2016.3.7


稲船哲也,平中幸雄,武田利浩

Javaプログラムの逆方向解析

FIT2015(第14回情報科学技術フォーラム),1分冊 ,B-026 ,pp.227-228, 2015.9.15


Yukio Hiranaka, Shinichi Miura and Toshihiro Taketa

HYBRID BACKWARD SIMULATOR TO DETERMINE CAUSAL STATE CHANGES

Proc. XXI IMEKO World Congress, pp.1187-1190, 2015.9.4.


Yukio Hiranaka, Houjin Sakaki, Kenta Ito, Toshihiro Taketa and Shinichi Miura

Numerical Backward Simulation Model with Case Branching Capability

Proc. 4th International Conference on Simulation and Modeling Methodologies Technologies and Applications (SIMULTECH 2014),pp.225-230, 2014.8.30.


Yukio Hiranaka, Toshihiro Taketa and Shinichi Miura

Case Branching Backward Simulator for Integer Factorization

Proc. 8th EUROSIM Congress on Modeling and Simulation, pp.259-264, 2013.9.11.


Yukio Hiranaka and Toshihiro Taketa

DESIGNING BACKWARD RANGE SIMULATOR FOR SYSTEM DIAGNOSES

Proc. XX IMEKO World Congress Metrology for Green Growth, 2012.9.10.


  ページTOPへ戻る


○ネットワーク基盤に関する研究


村上将矢 武田利浩 平中幸雄

混雑情報を利用するマルチパスTCPのクロスレイヤー制御

情報処理学会東北支部平成27年度第7回研究会,資料番号 A3-2, 2016.3.7


加茂亮平,平中幸雄,武田利浩

TCPパケットフローからの輻輳ウィンドウの推定 *

FIT2014(第13回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,L-008 ,pp.123-124, 2014.9.3


Toshihiro TAKETA and Yukio HIRANAKA
Network Design Assistant System Based on Network Description Language
Proc. ICACT2013(International Conference on Advanced Communication Technology),2013.1.29

平田智司,工藤智子,武田利浩,平中幸雄

クロスレイヤTCP制御におけるトラフィックシェーピング *

FIT2012(第11回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,L-009 ,pp.117-118, 2012.9.4


工藤智子,武田利浩,平中幸雄

利用帯域幅割り当てを行うTCPフロー制御の提案 *

FIT2012(第11回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,L-008 ,pp.115-116, 2012.9.4


Tomoko Kudo, Toshihiro Taketa, Yukio Hiranaka

Cross-layer Flow Control to Improve Bandwidth Utilization and Fairnessfor Short Burst Flows

Proc. ICSPCC 2011(IEEE International Conference on Signal Processing,Communications and Computing), pp.651-656, 2011.9.16


奥山雄紀・武田利浩・平中幸雄
NDLによるネットワーク設計システムのためのエージェント記述 *
FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,L-006 ,pp.185-186,2011.9.7

上川原大治・工藤智子・武田利浩・平中幸雄

クロスレイヤーフロー制御におけるTCP輻輳ウィンドウサイズ削減率について *

FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,L-003 ,pp.179-180,2011.9.7


金子佳正・武田利浩・平中幸雄
ネットワーク記述言語を用いたネットワーク設計支援に関する一考察
*
FIT2010
(第9回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,L-002 ,pp.167-168, 2010.9.7


告 大輔・武田利浩・平中幸雄
RTTを用いた輻輳制御
*
FIT2010
(第9回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,L-009 ,pp.183-184, 2010.9.7


高橋 淳・平中幸雄・武田利浩
バッファ情報を用いるクロスレイヤーフロー制御
*
FIT2010
(第9回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,L-010 ,pp.185-186, 2010.9.7


鎌田 知男,武田 利浩,平中 幸雄

パケットスコープの開発 *

FIT2009(第8回情報科学技術フォーラム , 第4分冊 L-021,pp.179-180, 2009.9.3


杉山和優,大木紀拓,武田利浩,平中幸雄
測定・伝送の統合方式によるSCTP最適経路選択 *
FIT2008(
7回情報科学技術フォーラム) , 第4分冊 L-020, pp.133-134, 2008.9.3


平中幸雄,星野徹也,金谷潤一,返田貴史,佐藤和也,吉田晃久,武田利浩

IPv6マルチホームとSCTPによるアプリケーションごとの経路選択

2006年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,B-7-16,2006.9.19


武田利浩,阿部康一,平中幸雄

ブートサーバによるクライアントPCの集中管理

FIT2006(5回情報科学技術フォーラム),第4分冊81-82,L-033, 2006.9.6


武田利浩,佐藤哲也,平中幸雄

ネットワーク記述言語の開発とそれによるネットワーク管理

情報処理学会第68回全国大会,6E-1,pp.3-347/348, 2006.3.10


西田知弘,平中幸雄,武田利浩

MACアドレス変換によるNBBネットワークの大規模化

情報処理学会東北支部2005年度第5回研究会,資料番号 05-5-B2-2, 2006.3.17


平中幸雄,田中伸久,武田利浩,菅原浩高,松本慎平

ノンブロードキャスト・ブリッジネットワーク

情報処理学会論文誌,vol.45,no.12,pp.2752-2759,2004.


新井菜穂子,中川清司,高野勝美,平中幸雄

波長ルーティング・フォトニックネットワークのための周波数シフタを用いたホップ数計数法

情報処理学会論文誌,vol.44,no.3,pp.527-534,2003.


Yu Guo, Yukio Hiranaka and Takao Akatuka,
Hierarchical network management based on extended SNMP
Transaction of IEE of Japan, vol.119-C, no.3, pp.404-412, 1999


Yu Guo, Yukio Hiranaka and Takao Akatsuka,
Developing SNMP for hierarchical network management,
13th IEEE Int. Conf. on Information and Networking, 1998


Yu Guo, Yukio Hiranaka and Takao Akatsuka,
A Simple Hierarchical Network Management System Based on Exended SNMP
Proc.4th Int. Conf. on Computer Scinece and Informatics, vol.III,pp.38-41,1998


Yu Guo, Yukio Hiranaka and Takao Akatsuka,
Autonomic Buffer Control of Web Proxy Server,
in Lecture Notes in Computer Science 1368 Worldwide Computing and Its Applications - WWCA'98,

 pp.428-438, Springer, 1998.


丹野,武田,小山,野口:
自己トークンプロトコルによる高速リングLAN,
情報処理学会論文誌,Vol.36,No.3, pp.753-762, 1995.


T.Takeda, K.Tanno:
Self-Token Protocol for High-Speed Multi-Media LANs,

Proc. of IPCCC'92, Scottsdale, Arizona, USA, pp.604-611, 1992.4


T.Takeda, K.Tanno:
Register Insertion/Self-Token Protocol for High-Speed Ring LANs,

Proc. of LCN'90, Minneapolis, MN, USA, pp.60-64, 1990.10


K.Tanno, T.Takeda:
Register Insertion/Self-Token Protocol for Ring LANs,

Proc. of IEEE Region 10 Conference, TENCON 89, Bonbay, INDIA, pp.123-126, 1989.11


  ページTOPへ戻


○ネットワークの応用に関する研究


Takao Mizusawa, Shinichi Miura, Toshihiro Taketa, Yukio Hiranaka

Distributed Power Usage Control and Estimation of Total Demand

Proc. 15th IMEKO TC10 Workshop on Technical Diagnostics, 2017.6.7.


山中潮 武田利浩 平中幸雄

ホームオートメーションの誤動作検出と原因究明支援

情報処理学会東北支部平成27年度第7回研究会,資料番号 B3-4, 2016.3.7


山中潮,武田利浩,平中幸雄

ホームオトメションの誤作動を検出するための仮想部屋シミュレータ *

FIT2014(第13回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,M-013 ,pp.233-234, 2014.9.4


 盛山竜人,大場 俊裕,武田 利浩,平中幸雄
 RESTに基づく家電制御システムの設計と実装
 FIT2013(第12回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,M-005 ,pp.323-324,2013.9.4

今井裕太郎,平中幸雄,武田利浩
ZigBee を使った双方向リモコンの標準データ形式
FIT2013(第12回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,M-006 ,pp.325-326,2013.9.4

阿部結至,竹田拓馬,武田 利浩,平中 幸雄

Twitterを用いたセンサ情報のオープン化と機器制御 *

FIT2012(第11回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,O-022 ,pp.403-404,2012.9.4


竹田拓馬,武田利浩,平中幸雄

スマートホンを用いたホームネットワークシステムのためのサービス制御機構とユーザインターフェースの設計 *

FIT2012(第11回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,O-020 ,pp.399-400,2012.9.4


大場 俊裕,武田 利浩,平中 幸雄

セキュリティとサービス連携を考慮した厨房機器管理システムの設計と実装 *

FIT2012(第11回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,O-012 ,pp.371-372, 2012.9.4


竹田拓馬・武田利浩・平中幸雄
Twitter API を用いたセンサー情報のオープン化 *
FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,M-029 ,pp.341-342,2011.9.9

遠藤福富美・武田利浩・平中幸雄
Twitterユーザ間の興味の重なりの解析 *
FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム),2分冊 ,F-030 ,pp.481-482,2011.9.9

大畑徹朗・武田利浩・平中幸雄
口コミ型情報推薦システムの実装 *
FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム),2分冊 ,F-021 ,pp.455-456,2011.9.8

保科一明,武田利浩,平中幸雄

口コミ型情報推薦システムの提案と評価 *

情報処理学会東北支部平成22年度第6回研究会,資料番号 10-6-A3-3, 2011.8.24


保科 一明, 遠藤 福富美, 武田 利浩, 平中 幸雄

口コミ型情報推薦のシミュレーションによる評価

JAWS2010(Joint Agent Workshops and Symposium),Y-7, 2010.10.29


保科 一明,武田 利浩,平中幸雄
口コミ型情報推薦システムのシミュレーションによる解析
*
FIT2010
(第9回情報科学技術フォーラム),2分冊 ,F-058 ,pp.529-530, 2010.9.8


武田利浩・平中幸雄・多田慎吾・境 修・金内秀志
電力の見える化システムの設計と実装
 *
FIT2010
(第9回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,M-040 ,pp.363-364, 2010.9.7


中村 悟・武田利浩・平中幸雄
センサネットワークのクラウドへの統合のためのデータフォーマットの検討
*
FIT2010
(第9回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,M-060 ,pp.411-412, 2010.9.9


保科 一明,吉津 翔太,武田 利浩,平中幸雄

口コミ型情報推薦システムの提案 *

FIT2009(第8回情報科学技術フォーラム , 第2分冊 F-007,pp.405-406, 2009.9.4


武田利浩,小松達也,平中幸雄

地理的ソーシャルネットワークシステム

FIT2005(4回情報科学技術フォーラム),第4分冊295-296 M-039, 2005.9.9


大沼正人,渡邊真吾,伊藤太郎,武田利浩,平中幸雄

IPv6によるH.323ビデオ会議ネットワークの構築

電気情報通信学会通信ソサイエティ大会,B-6-124, p.148, 2002.


武田利浩,阿部康一

市民バス追跡システムの設計と実装

情報処理学会第64回全国大会,3J-4, pp.461-462, 2002.


木村宏人,平中幸雄,赤塚孝雄

World Wide Web 方式画像参照システムの数値モデルとそれによるシステム評価法

医療情報学,vol.21,no.2,pp.141-150,2001


奥山澄雄,立花和宏,田中敦,仁科辰夫,矢作清,猿田和樹,平中幸雄
山形大学シラバス処理システムの稼働状況の分析
山形大学紀要(工学),vol.26,no.1,pp.53-57,2000.2


立花和宏,奥山澄雄,仁科辰夫,田中敦,矢作清,猿田和樹,平中幸雄
実践的見地からのシラバスデータベース開発
山形大学紀要(工学),vol.26,no.1,pp.47-52,2000.2


Kouichi Abe, Toshihiro Taketa, Hiroshi Nunokawa,

An Idea of the Agent-based Information Recommending System using the Statistical Information"
Proc. of Seventh International Conference on Parallel and
Distributed Systems(ICPADS'2000) the 2nd International Workshop
on Multimedia Network Systems (MMNS 2000), pp.143-146, July. 2000.


Kouichi Abe, Toshihiro Taketa, Hiroshi Nunokawa,
An Efficient Information Retrieval Method in WWW Using Genetic Algorithms,
Proc. of the 1999 International Conference on Parallel Processing (ICPP'99)Workshops on Multimedia Network Systems (MMNS), pp.522-527, Sep. 1999.


Kouichi ABE, Toshihiro Taketa, Hirohi Nunokawa, Kuninobu Tanno, Norio Shiratori:
An Agent-based Self-organizing Information Retrieval System in World Wide Web,

The 12th International Conference on Information Networking (ICOIN-12), Tokyo, Japan, January 21-23, 1998.


平中幸雄,島貫正治,金子勉,渡部慶二,中野政身,米竹孝一郎,赤塚孝雄
情報ネットワークを活用したリフレッシュ教育講座
工学教育, vol.45, no.3, pp.11-14, 1997


K.Tanno, T.Takeda:
Multiplexing of Communication Ports on UNIX Terminals for Packet Radio Networks, the 1st International Conference on Universal Personal Communications, Dallas, Texas, USA, pp.417-420, 1992.9


  ページTOPへ戻る


○汎用通信フォーマットに関する研究


水澤孝生,平中幸雄,武田利浩

マージンアナウンスに基づく節電スマートコンセント

FIT2015(第14回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,M-017 ,pp.327-328, 2015.9.17


Mayuko Sugawara, Toshihiro Taketa and Yukio Hiranaka

Power-saving System which Distributes Saving Target among Electrical Appliances

Proc. GCCE 2011 (IEEE Global Conference on Consumer Electronics), pp.256-260, 2011.10.3.

加藤靖之,平中幸雄,武田利浩
リアルオブジェクトを対象とするシミュレータの時刻同期
FIT2013(第12回情報科学技術フォーラム),1分冊 ,B-010 ,pp.235-236,2013.9.4

佐藤雄亮・三浦信一・武田利浩・平中幸雄
スマートコンセント制御における相互通信 *
FIT2011(第10回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,O-037 ,pp.593-594,2011.9.8

竹田勇人,平中幸雄,武田利浩

リアルソフトウェアのネットワークシミュレーションへの組み込み方法 *

情報処理学会東北支部平成22年度第6回研究会,資料番号 10-6-A3-2, 2011.8.24


岡田卓也,平中幸雄,武田利浩

UCFメッセージによる柔軟な機器ソフトウェア管理方法 *

情報処理学会東北支部平成22年度第6回研究会,資料番号 10-6-A3-1, 2011.8.24


Yukio Hiranaka, Yusuke Sato, Toshihiro Taketa and Shinichi Miura

Smart Power Outlets with Cross-layer Communication

Proc. ICACT2011(International Conference on Advanced Communication Technology), pp.1388-1393, 2011.2.16


阿見陽平,武田利浩,平中幸雄

シミュレーションのシミュレーション

29回日本シミュレーション学会大会発表論文集,pp.421-424, 2010.6.20


岡田 卓也,那須 弘人,武田 利浩,平中 幸雄

UCFメッセージによる柔軟な機器ソフトウェア管理方法 *

FIT2009(第8回情報科学技術フォーラム , 第1分冊 C-020,pp.479-480, 2009.9.2


竹田 勇人,武田利浩,平中幸雄

UCFオブジェクトで構成するネットワークシミュレータ *

FIT2009(第8回情報科学技術フォーラム , 第4分冊 L-015,pp.165-166, 2009.9.3


渡邉正裕,田名部創大,武田利浩,平中幸雄
UCFを使用する基本通信オブジェクトの開発
 *

FIT2008(7回情報科学技術フォーラム), 第4分冊L-035, pp.167-168, 2008.9.4


Yukio Hiranaka and Toshihiro Taketa
Object-Oriented Framework for Cross-Layer Communication
Proc. ITSim2008(International Symposium on Information Technology), pp.1640-1645, 2008.8.28


平中幸雄,伊藤大視,市川直樹,武田利浩

イーサネットフレームによるオブジェクト間通信

FIT2007(6回情報科学技術フォーラム),L-0311 2007.9.5


渡部良平,渡邊高成,武田利浩,平中幸雄

通信路を問わない汎用通信フォーマットの提案と何でもリモコンの作成

FIT2006(5回情報科学技術フォーラム),第4分冊81-82,L-033, 2006.9.7


Yukio Hiranaka, Hitoshi Sakakibara and Toshihiro Taketa

Universal Communication Format for Multimedia Data

Proc. Sixth International Conference on Computational Intelligence

and Multimedia Applications (ICCIMA 2005), 338-339, 2005.8.16-18.


  ページTOPへ戻る


○ファジー・ニューラル・並列処理


山下,高橋,酒井,武田,市村:
ファジィ推論による表情選択モデルのヒューマンインタフェースへの応用,
日本ファジィ学会誌, Vol.12, No.2, pp.313-320(2000)


T.Taketa,K.Tanno,S.Horiguchi:
Radix R Parallel FFT algorithms with a global interconnection networks and Its Evaluation,

Proc. of the ISPAN'97, Taipei, Taiwan, pp.424-428, 1997.12.


武田,田中,丹野:
8隣接プロセッサ・アレイによるニューラルネットワークの並列処理,
応用数理学会論文誌,Vol.5,No.4, pp.399-409, 1995.


K.Tanno, T.Taketa, S.Horiguchi:
Parallel FFT Algorithms Using Radix 4 Butterfly Computation on an Eight-Neighbor Processor Array ,

Parallel Computing,Vol.21,No.1, pp.121-136, 1995.


K.Tanno,T.Takeda,S.Horiguchi:
Parallel 2-D FFT Algorithms on an Eight-Neighbor Processor Array ,
電気学会論文誌(C),Vol.114-C, No.5, pp.588-594, 1994.


T.Taketa,K.Tanno,S.Horiguchi:
Radix-4 Parallel FFT Algorithms on the MasPar with an Eight-Neighbor Processor Array,

Proc. of the ISPAN'94, Ishikawa, Japan,pp.5-11, Poster Session, 1994.12.


K.Tanno,A.Koyama,S.Mirza,T.Taketa,S.Noguchi:
Performance Evaluation High-Speed Self-Token Ring LAN,

Proc. of the ISPAN'94, Ishikawa, Japan, pp.294-301, 1994.12.


Kuninobu Tanno, Akiyoshi Tanaka, Toshihiro Takeda:
Parallel Simulation Algorithm of Neural Networks on Massively Parallel Computers,

Procc. of the 1993 World Transputer Congress, pp.651-659, Aachen, Germany, 1993.9.


Toshihiro Takeda, Akiyoshi Tanaka, Kuninobu Tanno:
Parallel Computing Algorithm of Neural Networks on an Eight-Neighbor Processor Array,

Proc. of IPCCC'93, Temp, Arizona, USA, pp.559-564,1993.3.


K.Tanno, T.Takeda, S.Horiguchi:
Parallel Radix 4 FFT Algorithms on an Eight-Neighbor Processor Array,

Proc. of IEEE Region 10 Conference, TENCON 92, Melbourne, Australia, pp.855-859, 1992.11.


K.Tanno, T.Takeda,S.Horiguchi:
Parallel 2-D FFT algorithms on an eight neighbor processor array,

International symposium on information theory its applications (ISITA), Singapore, pp.621-627, 1992.11.


K.Tanno, T.Takeda, S.Horiguchi:
A Parallel Sorting Algorithm on an Eight-Neighbor Processor Array,

International Conference on Application-Specific Array Processors (ASAP'92), Berkeley, California, USA, pp.456-468, 1992.8


K.Tanno, T.Takeda, S.Horiguchi:
Parallel FFT Algorithms on an Eight-Neighbor Processor Array,

4th Transputer/Occam International Conference, Tokyo, JAPAN, pp.85-101, 1992.7


  ページTOPへ戻る


○ガスセンサに関する研究


平中幸雄
ガスセンサの過渡応答によるにおいの識別
Security
no.89, pp.56-59, 1998.4.


Y.Hiranaka and H.Murata
Temperature Transient Responses of a Semiconductor Gas Sensor for Smell Identification
Sensors and Materials
vol.4no.3pp.165-172(1992)


Y.Hiranaka, Takako Abe and Hiroshi Murata
Gas-dependent response in the temperature transient of SnO2 gas sensor
Sensors and Actuators B, vol.9, pp.177-182(1992)


Yukio Hiranaka and Hiro Yamasaki
LOCATING GAS SOURCES USING A GAS SENSOR ARRAY
Analytical Sciences, vol.7 supplement, pp.1565-1568(1991)


Yukio Hiranaka and Takako Abe
GAS DEPENDENT RESPONSE IN TEMPERATURE TRANSIENT ON SnO2 GAS SENSOR
Digest of Technical Papers Transducers'91, pp.157-160(1991)


平中幸雄・吉田勝彦・山崎弘郎
半導体ガスセンサの過渡応答測定によるガス種同定
計測自動制御学会論文集、vol.25no.4pp.401-405(1989)


  ページTOPへ戻る


○センサアレイ可視化に関する研究


Yukio HIRANAKA
Intelligent Visualizing Systems
in HANDBOOK OF SENSORS AND ACTUATORS 3: Intelligent Sensors, Elsevier, pp.285-297, 1996


Yukio Hiranaka, Kenji Suzuki, Kazunari Yoshida and Hiro Yamasaki,
Precision phase measurement for visualizing electromagnetic wavefronts,
Conference on Precision Electromagnetic Measurements CPEM'92, pp.46-47(1992).


平中幸雄・山崎弘郎
センサアレイによる場の可視化
計測自動制御学会論文集、vol.28no.1pp.166-167(1992)


Hiro Yamasaki and Yukio Hiranaka
Multi-dimensional intelligent sensing system using sensor array
Sensors and Actuators A, vol.35, pp.1-8(1992)


Yukio Hiranaka and Hiro Yamasaki
LOCATING GAS SOURCES USING A GAS SENSOR ARRAY
International Congress on Analytical Sciences 1991, p.435(1991)


Hiro Yamasaki and Yukio Hiranaka
MULTI-DIMENSIONAL INTELLIGENT SENSING SYSTEMS USING SENSOR ARRAY
Digest of Technical Papers Transducers'91, pp.316-321(1991)


平中幸雄
ガスセンサアレイを用いたガスの動きの可視化
センサ技術、vol.10no.2pp.22-25(1990.2)


Hiro Yamasaki and Yukio Hiranaka
MULTI-DIMENSIONAL INTELLIGENT SENSING SYSTEM
1989 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 1989.12


Yukio Hiranaka and Hiro Yamasaki
Measurement of Spatial Distribution Change of Gas Component by Using a Sensor Array
Technical Digest of the 8th Sensor Symposium, pp.177-180, 1989


平中幸雄
ガスセンサとにおいの可視化
香料、No.162pp.75-80(1989.6)


平中幸雄
多点計測技術とセンサ
センサ技術、vol.8No.7pp.18-21(1988.5)


Yukio Hiranaka, Osamu Nishii, Takayuki Genma and Hiro Yamasaki
Real-time visualization of acoustic wave fronts by using a two-dimensional microphone array
J. Acoust. Soc. Am.
vol.84no.4pp.1373-1377(1988)


平中幸雄
場の可視化センシングシステム
コンピュートロール No.21、コロナ社、pp.119-124(1987)


   ページTOPへ戻る


○その他のセンサ・計測に関する研究


T.Zeniya, T.Takeda, Q.Yu, Y.Hasegawa, K.Hyodo, T.Yuasa,Y.Hiranaka, Y.Itai and T.Akatsuka

Integrated image presentation of transmission and fluorescent X-ray CT using synchrotron radiation,

Nuclear Instrument & Methods in Physics Research A,vol.467-468, pp.1326-1328, 2001.


D.Noto, T.Takeda, J.Wu, T.T.Lwin, Q.Yu, T.Zeniya, T.Yuasa, Y.Hiranaka, Y.Itai and T.Akatsuka

Development of a multispectral autoradiography using a coded aperture

Algorithms and Systems for Optical Information Processing IV,

Proc. SPIE, vol.4113, 123-133, 2000.8


Tsutomu Zeniya, Tohoru Takeda, Quanwen Yu, Kazuyuki Hyodo, Tetsuya Yuasa,

Yuji Aiyoshi, Yukio Hiranaka, Yuji Itai and Takao Akatsuka

Optimization of air gap for two-dimentional imaging system using synchrotron radiation,

Proc. SPIE, vil.4146, pp.151-162, 2000


長谷川康宏,于全文,能登大輔,武田徹,兵藤一行,八代亨,湯浅哲也,平中幸雄,板井悠二,赤塚孝雄

放射光蛍光XCTにおける撮像高速化の検討

電子情報通信学会論文誌 D-II,vol.J83-D-II,No.6,pp.1539-1547, 2000.6.


J.K.Mishra, D.S.Permana, T.Nakajima, T.Yuasa, Y.Hiranaka and T.Akatsuka,
Temporal Change Monitoring using an Environmental Information System for Yonezawa city,
Proc. IGARASS'99, pp.2693-2695, 1999.


J.K.Mishra, S.P.Dikdik, T.Yuasa, Y.Hiranaka and T.Akatsuka,
Reduction of satellite data by principal component analysis and its use
for landbase mapping applied over Yonezawa city,
Jpan Proc. 13th Int. Conf. & Workshop on Applied Geologic Remote Sensing,?


Yukio HIRANAKA
Optical Measurement of Micrometer Displacements of Floating Particles
IEEE LEOS'98, pp.277-278, Orlando Florida, 1998.


Quanwen Yu, Tohoru Takeda, Keiji Umetani, Ei Ueno, Yuji Itai, Yukio Hiranaka and Takao Akatsuka
First experiment by two-dimensional digital mammography with synchrotron radiation,
J. Synchrotron Rad. vol.6, pp.1148-1152, 1999


銭谷勉,武田徹,兵藤一行,湯浅哲也,内田公,前田紀和,呉勁,平中幸雄,赤塚孝雄,板井悠二
放射光X線CTにおける微量元素検出能の検討
−イメージングプレートを検出器とした予備実験−
Medical Imaging Technology, vol.15, no.2, pp.121-137, 1997.


前田紀和,武田徹,兵藤一行,赤塚孝雄,湯浅哲也,内田公,平中幸雄,板井悠二
放射光励起蛍光X線断層撮像装置の構築と一画像再構成法
医用電子と生体工学, vol.35, no.2, pp.158-166, 1997


A.Tamura, T.Yuasa, M.Akiba, O.Kuronuma, T.Ogata, Y.Hiranaka and T.Akatsuka
An Interactive Data Processing System for ESR-CT
Magnetic Resonance in Medicine, vol.6, pp.80-82(1995)


Tohoru TAKEDA, Tsutomu ZENIYA, Kazuyuki HYODO, Takao AKATSUKA,
Tetsuya YUASA, Yukio HIRANAKA, Akira UCHIDA, Yasutaka TAMURA,
Jin WU, Nobuyoshi ISHIKAWA and Yuji ITAI
Development of a monochromatic X-ray computed tomography with
synchrotron radiation to detect tracer materials
Proceedings of the Workshop on Medical Applications
Using Synchrotron Radication, 1-11, 1992.9.4-6


Tohoru TAKEDA, Takao AKATSUKA, Kazuyuki HYODO,
Yukio HIRANAKA, Tsutomu ZENIYA, Tetsuya YUASA, Motohiro SATOH,
Jin WU, Nobuyoshi ISHIKAWA and Hirobumi NEMOTO
Synchrotron radiation computed tomography for biomedical use
Proc. of 4th International Conference
on Biophysics and Synchrotron Radiation, p.336(1992)


Tohoru TAKEDA, Takao AKATSUKA, Kazuyuki HYODO, Yuji ITAI,
Yukio HIRANAKA, Tsutomu ZENIYA, Tetsuya YUASA, Motohiro SATO,
Nobuyoshi ISHIKAWA, Hiroshi YOSHIOKA and Hirobumi NEMOTO
Synchrotron radiation computed tomography for biomedical use:
preliminary report with phantom
Photon Factory Activity Report, vol.9, p.312(1991)


Wu Weigu, Takao AKATSUKA, Yasutaka TAMURA, Xu MING and Yukio HIRANAKA
A New Method for Image Edge Detection in Noise
World Congress o Medical Physics and Biomedical Engineering, p.644, 1991.7


Weiguo, W., Akatsuka, T., Tamura, Y., Hiranaka, Y., Nakajima, T.
The shape feature analysis for microscopic particle images by mathematical morphology,
SICE '91. Proceedings of the 30th SICE Annual Conference. International
Session (IEEE Cat. No.91TH0391-3), 1101-4, 1172, 1991


赤塚孝雄・武田徹・兵藤一行・平中幸雄
放射光を用いた冠状動脈イメージング
可視化情報、vol.10no.39pp.236-2431990


Yukio Hiranaka and Hiro Yamasaki
Global feature of wide-band pinna frequency response relating to three-dimensional localization
J. Acoust. Soc. Am.
vol.76no.S1S92(1984)


Yukio Hiranaka and Hiro Yamasaki
Envelope representation of pinna impulse responses relating to three-dimensional localization of sound sources
J. Acoust. Soc. Am.
vol.73no.1pp.291-296(1983)


山崎弘郎・平中幸雄・野畑裕保
状態診断のための新しいパタン表示
精密機械、vol.48no.1pp.82-85(1982)


山崎弘郎・野畑裕保・平中幸雄
病態情報の新しいいパターン表示
田村善蔵編 臨床化学の進歩、学会出版センタ、pp.207-217(1980)


山崎弘郎・野畑裕保・平中幸雄
多変数システムの状態診断のためのパターン表示
東京大学工学部紀要A、no.17pp.40-411979


山崎弘郎・野畑裕保・平中幸雄
病態情報のパターン表示システム
臨床病理、特集38号、pp.49-62(1977)


稲村実・豊田弘道・平中幸雄・柏木豊彦
自然冷却を利用した熱赤外実効放射率の測定法
計測自動制御学会論文集、vol.13no.4pp.390-393(1977)


  ページTOPへ戻る


○その他の研究


小林剛,佐藤雅彦,齋藤光章,武田利浩,平中幸雄

マルチコプターの飛行空域制限機能

FIT2016(第15回情報科学技術フォーラム),4分冊 ,M-012 ,pp.211-212, 2016.9.7


川原拓也,武田利浩,平中幸雄
FreeMind プログラミングの支援機能
FIT2013(第12回情報科学技術フォーラム),1分冊 ,A-026 ,pp.201-202,2013.9.6

  ページTOPへ戻る


ここに掲載してある著作物の利用に関する注意

本著作物の著作権は()情報処理学会に帰属します。

本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。

ご利用に当たっては[著作権法]ならびに[情報処理学会倫理要項]に従うことをお願いします。

 

Notice for the use of this material The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ).

This material is published on this web site with the agreement of the author(s) and the IPSJ.Please be complied with Copyright Law

of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce,make derivative work,distribute or make available to the

public any part or whole thereof.

 

All Rights Reserved,Copyright© Information Processing Society of Japan.

comments are welcome. Mail to address editj@ipsj.or.jp,please

 

Copyright©2008 IEICE&IPSJ


  ページTOPへ戻る