Release:

           3.2 May 1999

           2.2.8 Dec 1998

参考:

          FreeBSD Documentation Project, FreeBSD ハンドブック, ASCII, 1997

         www.freebsd.org/handbook

         netscape file:/usr/share/doc/handbook/handbook.html  (installしてあれば)

Install:

          FD(R3.2では2枚) www.jp.freebsd.org に日本語化installFD image がある。

          kern.flpとmfsroot.flpをdownloadし、dd if=DOWNLOADED_FILE of=/dev/rfd0.1440

   などでFD(1.4MB)に転写する。MS-DOS 環境で UNIX dd と同じ機能を持つ
 
      rawrite.exe というプログラムもある。
   
   kern.flp を Drive に入れ立ち上げる。

          install data は、CD-ROMもしくはftp.freebsd.org(fdで表示される)

          disk slice(FreeBSDLinux/Windowsを別領域作成できる),partition設定

      全部FreeBSD/auto assign で、おまかせにできる。

         slice で、bootの設定をするとbootできなくなった。

         interface 設定では、IF vendor 機種名、I/Oアドレス、IRQDRQ を知っている

   べきである。

         Xwindow の設定でも、graphic unit の能力を知っているべきである。

課題:

         file sysltem の全体像理解

         kernel の構造理解

         kernel 作成

         cd /usr/src/sys/i386/conf

         cp GENERIC NEWKERNEL; ed NEWKERNEL

         /usr/sbin/config NEWKERNEL

         cd ../../compile/NEWKERNEL; make depend; make;

         make install

     作成した kernel を元のkernelに手で戻す時、

         chflags noschg /kernel で、lock をはずす必要がある。

         chflags schg /kernel で、lockしておいた方が良い。 rmできない。

    device driver 作成

    source /usr/src

練習:

    NAT 運用

    Linux emulation

    sound card kernel インストール

    GigaEther card インストール(矢崎)

:

    Private Name Space とは?

    V9FS memory-based file system の完成度は?