070508/1210

ネットワーク実習3

 

前回テーマの答え合わせ

 

まとめ:pingは相手マシンが動作しているかのチェックと、ネット遅延時間・パケットロスを調べるときに使う。tracerouteは、相手がどこにいるか、途中のルータを辿りながら調べる。遅延時間は、伝送距離・機器内処理・伝送速度(bps)によって決まる。

 

今回のテーマ

 

TCP接続の基本はtelnetで実現できる。いろいろなTCPサービスと手入力で通信してみよ。

        例:telnet 133.24.xx.yy 13              13はポート番号

 もしくは telnet host daytime

相手マシンの /etc/servicesにポート番号とサービスの対応表がある。

 

1 具体的に、echo, daytime, telnet, smtp, http を試してみよ。

   ftp/httpなどでは、何か意味のある入力をすると何かが返ってくる。マニュアル等を調べて試してみよ。telnetの終了方法は、man telnetなどで調べよ.

 

2 上の例に挙げた以外のものをひとつ以上、試してみよ。

 

結果と説明をレポートにして、次回提出すること。