070514/1210

ネットワーク実習4

 

前回テーマの答え合わせ

 

今回のテーマ:実効伝送速度

 

1 インターネットの状況を理解するため、httperfを使って、世界中のwwwサーバまでの往復時間と平均データ伝送時間を測定せよ。測定結果は、往復時間vs.実効データ伝送速度の図(両対数グラフが良い)と、地理的距離vs.往復時間の図にプロットし、図の意味するところを考察せよ。wwwサーバとしては、以下を参考に適当なところを探してみよ。名前と実在場所が一致しない場合がある。測定者が利用するプロバイダによって、結果が大きく異なる場合がある。

        www.yz.yamagata-u.ac.jp        www.jp.freebsd.org

        www.yamagata-u.ac.jp        www.kr.freebsd.org

        www.tohoku.ac.jp      www.cn.freebsd.org

        www.uec.ac.jp            www.au.freebsd.org

        www.kyoto-u.ac.jp     www.freebsd.org

        www.kyushu-u.ac.jp        www.uk.freebsd.org

    測定方法:httperf --server www.yz.yamagata-u.ac.jp

        Reply time[ms]: response 2.4     は往復時間が2.4msであることを意味する。

        Net I/O: 129.6KB/s        はデータの実効伝送速度を示す。

×8でbpsになる。

 

2 ftpのデータ転送時間を、異なる距離のサイトに対して測定し、その結果を考察せよ。

    (1)ftpの使い方は、以下を参考にせよ。

        ftp ftp.yz.yamagata-u.ac.jp

        Name(..):anonymous

        Password: user-name@yamagata-u.ac.jp

        ftp> cd pub/FreeBSD

        ftp> ls

        ftp> get ls-lR.gz

        ftp> quit

       

    (2) ftp対象サイトは、ftp.yz.yamagata-u.ac.jp, ftp.jp.freebsd.org, ftp.cn.freebsd.orgなど、探してみること。

   (3)距離は、DMZ0の研究室マシンにloginしてから、/etc/ping ftp.jp.freebsd.orgなどを実行するとよい。

 

2 余裕があれば、wgetで同じことを行い、httperfの結果と比較してみよ。wgetはweb serverからデータをdownloadするもので、UNIX用、Win用ともにある。

 

結果と説明をレポートにして、次回に提出のこと。